定義・学会リーフレット

新・化粧革命
化粧療法医学Cosmetic Medicineで健康促進効果を科学する

目的

化粧療法医学 Cosmetic Medicine の概念を形成し、化粧研究を行う医師や専門家による化粧の健康促進効果の科学的な研究、新知見をもとに、化粧の持つ健康への効果と安全性を一般に発信、国民の健康に役立つことを目標に掲げる。また、化粧療法の医学的知識を習得した医師に化粧療法専門医の資格を付与する認定資格を設ける。

化粧が皮膚その他の臓器に与える影響を科学的に明らかにする
化粧が人の心を活性化し、健康な生活支援に有用であるかを科学的・医学的に実証する
環境にやさしい追跡可能な化粧品を提案する
化粧研究を支援・遂行し、化粧の社会的価値観を高め、貢献する
化粧療法士が施行する化粧療法の診療報酬の確立を目指す

定義

  1. 化粧療法医学(cosmetic medicine)
    化粧療法を病気の予防および治療によって健康を維持および回復することを目的とした学問をいう。 ここでいう化粧療法とは、本学会が定義したものを指す。
  2. 化粧療法(medical cosmetic therapy)
    化粧療法とは、人間の健康、幸福、尊厳を支えるために、化粧をもちいた治療、指導、援助をいう。 ここでいう化粧とは、医薬品医療機器等法2条3項の化粧品を含む粧うすべてのものを指す。 薬機法2条3項 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。
  3. 化粧療法士(medical cosmetic therapist)
    化粧療法士とは医師の判断により必要とする患者に対して化粧療法を行う、ある一定の専門知識と技術を身に着けた者をいう。ある一定とは、公益社団法人化粧療法協会が実施する化粧療法士試験に合格した者をいう。
  4. 化粧療法専門医(medical cosmetic doctor)
    化粧療法専門医とは一般財団法人日本化粧療法医学会が指定した講習を受講して、化粧療法専門医の認定を受けた医師をいう。
  5. 准化粧療法士(assistant medical cosmetic therapist)
    准化粧療法士とは化粧療法士の業務を補助するために、一定の専門知識と技術を身に着けた者をいう。ある一定とは、公益社団法人化粧療法協会が実施する准化粧療法士試験に合格した者をいう。
  6. 化粧訓練士(blindmake trainer)
    化粧訓練士とは、大石華法によって考案されたブラインドメイク・プログラムを視覚障害者に指導する、ある一定の専門知識と技術を身に着けた者をいう。ある一定とは、公益社団法人化粧療法協会が指定する講座を受講し、一般財団法人日本化粧療法医学会が実施する化粧訓練士試験に合格した者をいう。
  7. ブラインドメイク(blindmake)
    ブラインドメイクとは視覚に障害の持つ人が、自分自身で鏡を見ないで化粧をする化粧法をいう。2010年に美容福祉学の研究者、大石華法によって開発された。
    「ブラインドメイク」用語の由来は “Love is blind”「愛は盲目」の意味から、「化粧に夢中」という意味がある。

学会リーフレット

Copyright © The Japanese Society of Cosmetic Medicine  All Rights Reserved.