日本化粧療法医学会ABOUT

日本化粧療法医学会 設立趣旨書

設立趣旨書

一般社団法人日本ケアメイク協会は,「化粧をケアツールの1つとして,日本の医療・美容・福祉に貢献する」ことをテーマとした「ケアメイク研究会」を開催してまいりました。研究会が発展し,2017年12月5日に「化粧療法学会」を設立するための準備として「日本化粧療法学会設立準備フォーラム2017」を開催いたしました。
 ここでは,化粧療法に関して,医師(皮膚科医,眼科医,歯科医)の3名の先生方に研究発表していただきました。このことは,化粧は,概観上の美しさを装う「美容」という直接的なもののみではなく,「福祉」のケアにつながり,そして福祉から「医療」へつなげる意味があることを示しました。

 2010年に私が視覚障害者に向けて開発した「ブラインドメイク・プログラム」は,2015年より眼科医療の診療報酬として,患者様のQOL(生活の質)が向上するロービジョンケアに取り入れられました。また,化粧は,患者様のリハビリテーションや退院支援として看護師,作業療法士,介護福祉士などのコメディカルの方々が取り入れた臨床研究が報告されていますし,高齢者施設でも,高齢者のQOL向上のための化粧療法を取り入れた活動や研究も普及されて,介護予防や健康寿命促進にも有用であることが報告されています。
 今後,「化粧療法」を普及していくためには,化粧を療法として確立する定義や概念形成を行いながら,化粧の有用性を科学的に検証した研究を社会に示していくことが重要であり,化粧療法を医学としての位置づけと,リハビリや治療としての診療報酬につなげることが大切であると考えます。

 そこで,化粧研究を行う医師を中心とした「化粧」を科学的な研究を学際的に積み重ね,その技術や学術的知識を習得した者に「化粧療法士」の資格を付与する認定資格を設けるための学術団体に発展させる必要性があるとの確信にいたりました。
 そのため,現在の一般社団法人日本ケアメイク協会のケアメイク研究会を昇華させ,次の医師の方々にご協力をいただきまして,2018年12月5日に日本化粧療法医学会を設立する運びとなりました。

 日本化粧療法医学会は名称どおり格式高い医学会と称したことから,構成する理事は医師かつ化粧研究者,それに値する研究者であることを条件にします。今後は日本化粧療法医学会と共に双方連携を取りながら,日本を代表する化粧療法研究及び活動団体として,国内だけではなく海外へと,グローバルな活動を行って参ります。この中で一般社団法人日本ケアメイク協会は、日本化粧療法医学会の事務局本部を担うことになりました。理事長大石華法が本医学会の事務局長を務めさせていただいております。
 今後とも,皆さまのご協力とご尽力を賜りますよう,何卒よろしくお願い申し上げます。
  2018年12月5日

大石 華法(Kaho Oishi)
日本化粧療法医学会 設立者
一般社団法人日本ケアメイク協会理事長

The CAREMAKE ASSOCIATION has been holding “Caremake Study Group” under the theme of “Makeup as a Tool for Care, Contributing to Medical, Beauty, and Welfare Cares of Japan”. As the seminar developed, “2017 Preliminary Forum for the Establishment of The Japanese Society of Cosmetic Medicine” was held as a preparation to establish “The Japanese Society of Cosmetic Medicine” on December 5th, 2017.
At this event, 3 doctors (dermatologist, ophthalmologist, dentist) were invited to give research presentations regarding cosmetic medicine. The event proved that makeup not only leads directly to the improvement of superficial “Beauty” but also to “Welfare” care, and it will be meaningful to connect it to “Medical” care as well.  
  The “Blind-Makeup Program” I developed in 2010 for the visually impaired was adopted in 2015 as a fee-charging ophthalmic practice for low-vision care, which improves the QOL (quality of life) of patients. In addition, there has been reports on clinical researches conducted on the use of makeup for rehabilitation and discharge support of patients by healthcare professionals such as nurses, occupational therapists, and care workers. Researches and practices of cosmetic medicine to improve the QOL of the elderly at nursing homes are also conducted widely, and makeup is reported to be effective in preventive cares and extension of healthy life expectancy.
 To further popularize “Cosmetic Medicine”, it is imperative that we publicize the findings from scientific researches that show the effectiveness of makeup, while conceptualizing and establishing the definitions of makeup as a form of therapy. We believe it to be important that we firmly establish cosmetic medicine in the medical field and pave the way for it to become a fee-charging medical service such as rehabilitation and therapy.
 Thus we have come to the conclusion that it is necessary to establish an academic organization to set certification requirements of a “Medical Cosmetic Therapist” and grant that certification to doctors, mainly, and others who conduct a number of interdisciplinary scientific researches on “makeup” and acquire skills and academic knowledge on the subject.
 We have, therefore, come to establish the Japanese Society of Cosmetic Medicine on December 5th, 2018, by further developing “Caremake Seminars” of the current CAREMAKE ASSOCIATION, with the support of the following doctors.
Since the Japanese Society of Cosmetic Medicine is a highly respectable medical society, as the name suggests, its directors must be doctors who are also researchers of cosmetics, or researchers of equal value. We will continue our activities as Japan’s premier cosmetic therapy research and promotion organization, not only in Japan but internationally as well, by working in close collaboration with the The Japanese Society of Cosmetic Medicine. The CAREMAKE ASSOCIATION will be serving as the Headquarters Office of the Japanese Society of Cosmetic Medicine. Chief Director, Kaho Oishi, was appointed as the Executive Director for this medical society.
 We would appreciate your continuous support and further cooperation in the future.

定款

定款

第1章 総 則
(名称) ・当学会は、日本化粧療法医学会と称する。
英語表記は、The Japanese society of Cosmetic Medicine 称する。
(主たる事務所)
第2条 当学会の主たる事務所を大阪府に置く。
(目的)
第3条 当学会は、化粧の持つ健康促進効果を科学し、これを広く普及することにより、国民の美容と健康増進に寄与することを目的とする。その目的に資するため、次の事業を行う。
  • (1)学術総会、研究会、研修会等の企画・運営・開催
  • (2)化粧療法に関する教育・普及・啓発
  • (3)化粧療法専門医・化粧療法士に関する資格制度の確立・認定・普及
  • (4)化粧療法に必要な化粧品及びその他の商品の紹介
  • (5)化粧療法に関する機関誌及びその他の刊行物の発行
  • (6)内外の関連団体との連携・協力
  • (7)その他前条の目的を達成するために必要な事業
  • 2 前項各号の事業は、本邦及び海外で行うものとする。
(公告の方法)
第4条 当学会の公告は、当学会の電子公告(主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法により行う。
第2章 財産及び会計
(設立者の氏名及び住所並びに拠出する財産及びその価額) 第5条 設立者の氏名及び住所並びに当学会の設立に際して設立者が拠出する財産及びその価額は、次のとおりである。
設立者:一般社団法人日本ケアメイク協会 理事長大石華法
住所:大阪市北区梅田2丁目2番22号
商標登録:化粧療法士 200万円
(事業年度)
第6条 当学会の事業年度は、毎年3月1日から(翌年)2月末日までの年1期とする。
(事業計画及び収支予算)
第7条 当学会の事業計画及び収支予算については、毎事業年度開始日の前日までに代表理事が作成し、理事会の決議を経て評議員会の承認を受けなければならない。これを変更する場合も、同様とする。
第3章 評議員及び評議員会
第1節 評議員 (評議員)
第8条 当学会に、評議員3名以上をおき、そのうち一人を評議員長とし、評議員から選ぶ。
(評議員の属性)
第9条 評議員は、学術評議員、企業評議員の2種類とし、特性に応じて属する。
(選任及び解任)
第10条 評議員の選任及び解任は、評議員会において行う。
(任期)
第11条 評議員の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時までとする。
2 任期の満了前に退任した評議員の補欠として選任された評議員の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とする。
(報酬等)
第12条 評議員は、無報酬とする。ただし、評議員には、その職務を行うために要する費用の支払をすることができる。
第2節 評議員会
(権限)
第12条 評議員会は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)に規定する事項及びこの定款で定める事項に限り決議する。
(開催)
第13条 定時評議員会は、毎事業年度終了後3か月以内に開催し、臨時評議員会は、必要に応じて開催する。
(議長)
第14条 評議員会の議長は、原則評議員長が行う。評議員長が不在の場合は、
評議員会において、出席した評議員の中から選定する。
(決議)
第15条 評議員会の決議は、議決に加わることができる評議員の過半数が出席し、出席した当該評議員の過半数をもって行う。
2 一般財団法人法第189条第2項の決議は、議決に加わることができる評議員の3分の2以上に当たる多数をもって行う。
(議事録)
第16条 評議員会の議事については、法令の定めるところにより議事録を作成し、評議員長及び出席した評議員及び理事がこれに署名又は記名押印する。
第4章 役員及び理事会
第1節 役 員 (役員)
第17条 当学会に、次の役員を置く。
⑴ 理事 3名以上とする。
⑵ 監事 2名とする。
2 理事のうち1名を代表理事(以下「理事長」という)とする。
3 理事のうち1名以上を副代表理事(以下「副理事長」という)とする。

副理事長は、理事長の業務を補佐し、理事長が学会の業務や活動が遂行できない時には理事長に代わって業務や活動を行う。
(選任等)
第18条 理事及び監事は、評議員会の決議によって選任する。
2 理事長は、理事会の決議によって理事の中から選定する。
(任期)
第19条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終了の時までとする。
2 監事の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終了の時までとする。
3 任期の満了前に退任した理事又は監事の補欠として選任された理事又は監事の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とする。
(理事の職務及び権限)
第20条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款の定めるところにより、その職務を執行する。
2 理事長は、法人を代表し、その業務を統括する。
(監事の職務及び権限)
第21条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令の定めるところにより、監査報告を作成する。
2 監事は、いつでも、理事及び使用人に対して事業の報告を求め、当法人の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
(解任)
第22条 理事又は監事が、次のいずれかに該当するときは、その理事又は監事を評議員会において解任することができる。ただし、監事の解任の決議は、議決に加わることができる評議員の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければならない。
⑴ 職務上の義務に違反し、又は職務を懈怠したとき。
⑵ 心身の故障のため、職務の執行に支障があり、又はこれに堪えないとき。
(報酬等)
第23条 理事及び監事の報酬、賞与その他の職務執行の対価として当学会から受ける財産上の利益は、評議員会の決議によって定める。
第2節 理事会
(権限)
第24条 理事会は、この定款に別に定めるもののほか、次の職務を行う。
[1]業務執行の決定
[2]理事の職務の執行の監督
[3]理事長の選定及び解職
[4]副理事長の選定及び解職
(招集)
第25条 理事会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事長が招集する。
2 理事会の招集通知は、理事会の日の5日前までに各理事及び監事に発する。ただし、緊急の必要があるときは、この期間を短縮することができる。
3 理事及び監事の全員の同意があるときは、招集の手続を経ることなく理事会を開催することができる。
(議長)
第26条 理事会の議長は、理事長または副理事長がこれに当たる。
(決議)
第27条 理事会の決議は、この定款に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
(議事録)
第28条 理事会の議事については、法令の定めるところにより議事録を作成し、出席した理事及び監事がこれに署名又は記名押印する。
第5章 定款の変更
(定款の変更) 第29条 この定款は、評議員会において、議決に加わることができる評議員の3分の2以上に当たる多数をもって決議することにより変更することができる。
2 前項の規定は、当学会の目的並びに評議員の選任及び解任の方法についても適用する。
第6章 附 則
(設立時の評議員) 第30条 当学会の設立時評議員は、次のとおりとする。
設立時評議員 学術評議員: 松久充子、木嶋敬二、岡野由利,辻野義雄
企業評議員:松中浩、谷都美子
(設立時の役員)
第31条 当学会の設立時理事、設立時理事長及び設立副理事長、設立時監事は、次のとおりとする。
設立時理事 市橋正光、船坂陽子、日比野佐和子、浦上克哉、阿部康二、森下竜一、田淵昭雄、角 保徳、山田秀和、堀江重郎
設立時理事長 市橋正光
設立時副理事長 船坂陽子、日比野佐和子
設立時監事 丸山悟、大石華法
(最初の事業年度)
第32条 当学会の最初の事業年度は、当学会成立の日から平成31年3月末までとする。
(法令の準拠)
第33条 本定款に定めのない事項は、一般社団法人法及びb一般財団法人法その他の法令に従う。
以上、日本化粧療法医学会の設立のためこの定款を作成し、設立者が次に記名押印する。

平成30年12月5日
設立者 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番22号
一般社団法人日本ケアメイク協会 理事長大石華法 印

日本化粧療法医学会とは

日本化粧療法医学会 理事長挨拶

化粧は自分も他人をも幸せにしてくれるものですが、この化粧を様々な疾患の治療目的に医療行為として行うことを「化粧療法」と呼ばれ、近年注目されている分野として急速に発展してきています。 

この化粧療法は顔化粧だけではなく、広く美容歯科やスキンケア、ハンドケア、ネイルケア、そしてサプリメントなども含む考え方です。従って様々な疾患に悩む方々はもちろんのこと、健常者における心身の健康増進や、高齢者における認知症予防などにも幅広い有用性が期待されています。しかし、これまで化粧の持つ様々な医学的可能性については十分検討されてきませんでした。そこで、このたび新しく日本化粧療法医学会を設立するに至りました。

本学会では幅広い分野の皆さまにご参加いただき、化粧療法の医学的効用について議論し、研究し、またその成果を社会に還元していくことを目指しています。そのために、学術集会を定期的に開催して、最新の医学的情報交換を進め、また化粧療法に関する幅広い見識と経験ある専門医とそれを実践する専門士の育成も図っていきます。多くの皆さま方のご参加をお待ちしています。

2019年5月15日

日本化粧療法医学会
理事長 阿部康二

Cosmetic act is a body decoration,which makes oneself happy and others as well. Cosmetic therapy includes facial treatment, dental aesthetic, hand&skin cares, nail cares,and dietary supplements etc. Thus cosmetic therapy is an emerging topic not only for patients suffered for various diseases, but alsofor health promotion and even for dementia prevention in the elderly. In order to address such emerging medical and social needs, Cosmetic Therapu Society of Japan was launched on 2019,which is dedicated to scientifically investigate the benefit of cosmetic therapy and to return the fruit to the world. The society certifies doctors and professional therapists to promote our mission. I hope a lot of scientists, companies, and practitioners may join our soiety for cosmetic therapy.

Best Regard.

May 15,2019